すべての人のための真理 › 生活でよくあるローン、ローンの意味と役割

生活でよくあるローン、ローンの意味と役割

2022年12月31日

知識経済を規制

一般的なローンとは?

この質問を読んでまず思い浮かぶのは、住宅ローンや自動車ローンなど、私たちが日常的に接しているローン年利率計算か。実はローンは、小さなものから大きなものまで、生活から仕事まで、内から外まで、あらゆるところで常に私たちの身の回りに存在しているのです。ローンの目的によって、資本性ローン、消費者ローン、商業用ローンに大別されます。単純に理解すると、資本性ローンは事業向け、消費者ローンは個人の日常生活や事業回転向け、商業ローンは短期と長期があり、狭義には住宅ローンが支配的となる。

私たちの社会人生活において、融資の意義とは?

中国経済の発展に伴い、消費、投資、トロイカの輸出は徐々にサプリメントとして主に他のを消費する能力に。 銀行の観点から、銀行は主にローンのネットワークを通じて、集中的な通貨と金融資金を出すために、人間社会のニーズを満たすために継続的に拡大し、国の経済の急速な発展を促進するための補助資金の問題を再現する;しかし、またこれからローンの金利収入を得るために、商業銀行の仕事自体の蓄積を増加させます。 個人的な観点から、私たち教師のために短期的に得られた大量のお金を分析することによって、当座貸越を進め、本当に将来的にしか達成できない生活を楽しむことができ、企業の資本増加や個人の事前消費レベルに活力を注入し、幸福の満足度を得ることができます。 中国では、ローンの有償使用の原則はまた、生産とビジネスリスクの管理を改善するために、中小企業を促進するために適用されます。そして、役割を果たすために資金を配分する重要な方法として、銀行の信用を使用するだけでなく、知識経済を規制し管理するための重要な影響力の経済レバレッジとして使用します。

レバレッジをいかに柔軟に使うか?

レバレッジとは?バールのような生活に密着したもので、これを支点に自分より何十倍も強力なものをこじ開けることができる。金融レバレッジとは、簡単に言えば、利益や損失を倍増させるための掛け金です。 日常生活で最もよく使われるレバレッジは、家を買うことです。

手元に100万ドルの現金があり、銀行から100万ドルを借り、200万ドルの家を買ったとする。 2年後、家の価格が400万円に上がったので、家を売ってプレッシャーを逃がし、それでも2年後には利息を差し引いて1億円以上になっています。 その100万ドルを銀行に預けると、現在の銀行の最新の2年金利2.73%で、2年預けると54,600ドルもらえることになる。 もちろん、これは住宅価格が上昇している理想的なシナリオでの話であって、たとえば最近、延寿の住宅価格が半値になったような場合は、素直に銀行に行って住宅や金融商品を買ったほうがいいのだろう。

つまり、金利が下がり、通貨が下落しているこの時代、単純に家をフルプライスで買うことは不可能なのです。 住宅ローンの柔軟なレバレッジを利用して、住宅を購入することです。 将来の可能性を過小評価せず、今の住宅価格の高金利を振り返らないようにしましょう。 今後は、LPRという形で、どんどん返済額を少なくし、また、住宅ローンではなく、住宅ローンを利用して金利差をつけ、月々の支払額を少なくして家を購入することができるようになるのです。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。