すべての人のための真理 › Bluetoothヘッドセットの正しい使い方とは?

Bluetoothヘッドセットの正しい使い方とは?

2022年06月30日

m31s whatsminer

ご存知のように、どんな電気機器にも磁場があり、磁場があれば放射線が発生します。実験では、一定の範囲以上の電磁波は、人間の健康に有害であることが示されているので、長い時間のためにBluetoothヘッドセットを身に着けて、健康に有害ではないでしょうか?

まず、Bluetoothヘッドセットからの放射が健康に影響を与えるかどうかですが、重要なのは放射の強さに注目することです。 Bluetoothヘッドセットから発生する放射線は、電磁波の周波数が低く、人体への影響が比較的少ない非フリー放射です。 通常の状況下では、出力電力が大きいほど、放射電磁界の強度が高く、Bluetoothヘッドセットと電子機器は、一般的にのみ短距離接続、伝送距離は一般的にのみ数メートル、限り、あなたは非常に低い電力に達することができるように、放射強度は非常に弱いです。

現在市販されているBluetoothヘッドセットの出力電力は2-3ミリワット程度で、放射線源の国際安全基準からはほど遠い。 そのため、基本的に人体への影響はなく、安心して使用することができます。

Bluetoothヘッドセットに関連する学生の健康と安全のリスクは何ですか?

Bluetoothヘッドセットの使用は安全ですが、それ以外の健康被害の可能性にも注意が必要です。

正常な耳は85デシベルまでの音量に耐えることができますが、多くの若者がBluetoothヘッドセットを使用する場合、ヘッドセットのbest bluetooth earphonesを払わず、高いデシベルに耳をさらしている可能性が高く、特に質の悪いヘッドセットの中には、耳にさらに大きなダメージを与えるものがあります。

耳栓には人間の死んだ皮膚細胞や細菌が付着していることが多くの研究で分かっており、長期間洗浄しないと学生の耳に感染症を引き起こす可能性があります。

また、電話に出たり音楽を聴いたりするためにヘッドホンを長時間使用することは、耳そのものに害を及ぼす可能性があります。 鼓膜とヘッドホンの振動片の距離が近いため、音波が小さく集中して広がり、鼓膜の聴神経を大きく刺激し、めまいや耳鳴り、難聴を引き起こしやすいのです。 数時間、あるいは十数時間連続して聴くと、突発性難聴になることがあります。

1 長時間の着用は不可

携帯電話のBluetoothヘッドセットを使用する場合、使用時間や頻度をコントロールして実施することが重要です。 Bluetoothヘッドセットの使用時間は、大人は1日3〜4時間以上、10代は2時間以内を目安にしてください。 若者が安全な使用は、聴覚訓練で学生の耳に過度の負荷をかfeasibility prototype、ヘッドセットを外した後、少し自分自身をリラックスするために作業時間の期間を必要とする着用することをお勧めします。 ビジネスと比較すると、イヤホンよりヘッドホンの方が健康的です。

2 適正な音量域をコントロールできること

Bluetoothヘッドホンを使用する際は、音量の出しすぎを避け、聞こえる範囲にとどめてください。内耳構造に過度の刺激を与えないよう、ヘッドセットの音量は50%以下にすることをお勧めします。

3 定期的にヘッドセットをクリーニングする

ヘッドホンを定期的にチェックし、アルコールや綿棒で耳の外側を優しく拭き取ることは、耳の細菌による耳の炎症を防ぐだけでなく、私たちがより良いリスニング体験をするためにも必要です。

4 過大な騒音を伴う環境では使用しない

m31s whatsminer

多くの人々は、学生が電話に応答することができ、社会の影響を受けずに音楽を聴くなど、実際にはそれはヘッドフォンを着用する代わりに、環境問題のこの開発であることを確認するために、ノイズの多い環境でヘッドセットを使用するために使用されて勉強。 なぜなら、騒がしい環境では、多くの人が無意識に音量を上げてしまい、耳に深刻なダメージを与えてしまうからです。

ノイズキャンセリングヘッドホンを使ってみる

耳から入る外部の騒音を減らすことは、聴力を保護することにつながり、また、より良い使用感にもつながります。そのため、ノイズキャンセリング効果の高いヘッドホンを使用し、低品質の製品は避けた方が良いでしょう。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。