すべての人のための真理 › 健康 › 健康 › 3つの最高値はどこまでも低くありません。 どの値であっても、この値を超えると危険です

3つの最高値はどこまでも低くありません。 どの値であっても、この値を超えると危険です

2021年12月24日

3つの最高値はどこまでも低くありません。 どの値であっても、この値を超えると危険です

今は三高、つまり高血圧、高血糖、高血中脂質の人が増えているんです。 多くの人は、血圧、血糖値、脂質の完璧な値を追求することに執着しているが、それらが低ければ低いほど、体へのダメージが大きくなることに気づいていないのだ。


三高の正常な指標はすべてどのくらいの値なのでしょうか?


1, 血圧


心筋梗塞や心筋梗塞を併発した高血圧の場合、血圧は130/80mmhg以内、拡張期血圧は60mmhgまで下げるのが適当、拡張期血圧はライン上で上下80mmhgに維持する。 脳卒中の既往がある高血圧患者は、24時間外来血圧検査で日中平均血圧が130/80mmhg以上、安静時血圧が100/60mmhgであることが望ましい。 大量の蛋白尿を伴う高血圧患者は、血圧を125/75mmhg以下にすることが望ましい。 高血圧と糖尿病を合併している患者さんでは三高飲食、全体の目標値を130mmhgとすることがより適切です。


2.血中脂質


血中脂質には、脂質、コレステロール、中性脂肪などがあり、生体の重要な構成要素である。 高血圧、糖尿病、喫煙の家族歴のない心身ともに健康な中高年の患者さんでは、脂質の総コレステロールを1リットルあたり5.2〜5.6mmol、HDLを3.6mmol未満にできるだけ抑えることが望ましいとされています。


3.血糖値


血糖値を下げる場合、1時間あたりの血糖値の低下率は5.6mmol/Lを超えないようにすること。 胃が空っぽの時は、全血糖がなるべく1リットルあたり3.9〜6.0mmolであることが望ましいです。 血糖値は食後1時間で1リットルあたり6.7〜9.4mmol、食後2時間で1リットルあたり7.8mmol以下が望ましいとされています。


血圧、血中脂質、血糖値が低すぎると、どのようなダメージがあるのでしょうか?


1.血圧が低すぎる


血圧が低すぎると、夜間の血液の移動を促進する十分な駆動力がなく、夜間の血液の流れが悪くなって静脈血栓症が発生する。 特に脳血管の狭窄がある人は、血圧が低すぎると、脳虚血や脳梗塞を起こす確率が高くなります。


2、血中脂質が低すぎる。


ほとんどの患者さんは、HDLコレステロールを急速に減らし、LDLコレステロールを増やすことで、心血管疾患のリスクを減らすことができると考えています。 実は、LDLコレステロールが高かったり、HDLコレステロールが少なかったりすると、体に害を及ぼし、脳出血を引き起こしやすくなるのです。 一般人の場合、悪玉コレステロールは1リットルあたり3.12ミリモル以下であれば十分です。 心血管系疾患のリスクが高い人は、1リットルあたり2.6mmol未満が必要です。 非常に重要なテーマについては、1.8mmol/L以下であることが必要である。


3.血糖値が下がりすぎている


低血糖は高血糖に比べ、体へのダメージが少ない。 低血糖になると、副腎皮質ホルモンなどの成長ホルモンがたくさん出て、血管収縮を促し、高齢者には血管が詰まって動脈硬化になっている人が多い。 低血糖になると、狭い土台の上でさらに毛細血管が閉じてしまうので、間違いなく心筋梗塞や脳梗塞を引き起こし、命にかかわることもあるのです。 血糖値が高いと、心血管・脳塞栓症や酸素欠乏症の原因となり、心血管疾患の原因となることがあります。 低血糖は心臓の伝導系を傷つけ、心拍数の乱れを引き起こしやすくなります。 また、脳への栄養供給が不十分となり、中枢神経系にダメージを与え、認知症のリスクを高めることもあります。 低血糖は糸球体濾過量を減少させ、腎機能を危険にさらし、亜急性慢性腎不全を引き起こすこともあります。


優しい想い出


完璧な血圧、脂質、低血糖をやみくもに追求する必要はありません。 患者さんは、医師の指示を厳守し、病気のリバウンドを防ぐために薬の量を増やさないようにしてください。


注目の記事:


“三高”食物會對身體導致哪些傷害?這次一次性告知大夥兒


Say hello to the “three high” group, these 3 types of ingredients to eat less, can not control the mouth to accident


三高對血管的損害有多大?權威專家提示:會引起這5種病,不容小覷!





Posted by shailene at 15:36│Comments(0)健康健康
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。