なぜ、資本主義国では携帯電話の高速決済が普及しないのか?

2022年05月02日




どこかの小さな動画アプリで見た光景だと思いますが、中国で日常生活を送automatic recurring payment多くの外国人が、自国に帰ってから「自分の国では中国ほど何をするにも便利じゃない」と声高に文句を言い、そうなる要因のほとんどは中国独自の携帯電話決済からきています。 その流れは、今や中国では携帯電話決済が美しい光景となっており、中国の「象徴」といっても過言ではありません。 特に若い人によく言われるのが、「今どき現金を持って外出する人なんているの? 携帯電話での決済が徐々に日常生活に浸透していく様子を記録したものです。

QRコードの登場により、中国は一気に携帯電話決済の「強国」となり、特にWeChatやAlipayウォレmine constructionRコード決済のリリースにより、日常生活がより便利になり、街中でもQRコードを見かけることが多くなりました。 しかし、QRコードを筆頭とする携帯電話による決済は、果たして完璧なのだろうか。 当然ながら、そんなことはありません。 モバイル決済を利用するためには、ネットワークがあることが大前提ですが、遠隔地では大都市と同じネットワーク速度を実現するのは難しいところがあるのは明らかです。 このことは、モバイル決済の規制が容易でないことと相まって、メリットとデメリットの両方があると言われている。 では、欧米諸国が携帯電話による決済を「避け」、本来の「現金方式」を維持している理由は何なのだろうか。 米国を例にとると、いくつかの側面があるのではないかと分析している。

1.QRコードより銀行系クレジットカードの方が「良い」と感じている
米国では、みんなの交通取引は、赤い封筒を除いて、銀行のクレジットカードであり、コーラの瓶のように小さく、車のように大きく、それはクレジットカードが彼らの日常必需品のほとんどを支払うことができると言うことができます。 中国の「全世界で1台の携帯電話」に対して、「全世界で1枚のカード」である。 中国の取引概念は、老後のサービスのために貯蓄する欧米とはかなり異なり、「お金がなくても使う」ことが理解されています。 このような使いすぎの感覚と、銀行系のクレジットカードはすぐに申し込めるということもあり、ほとんどのアメリカ人は日々の出費にクレジットカードを選んでいる。 銀行のクレジットカードが盗まれた場合、金融機関に電話一本で対応できる。

  


Posted by shailene at 12:59Comments(0)科技